スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色の記憶  -花-

写真を撮っていてよく聞く言葉に『記憶色』というものがあります。

青空や夕焼けを写して、家に帰ってその写真を見てみると、

「もっと真っ青だったのに‥」とか「もっと燃えるような赤だったのに‥」とか。


カメラを構えた時に感じた景色の色が、その場の雰囲気や感情で幾分イメージされて

実際の色とは変化して記憶されてしまった色のことですが、

これがコンデジを使っていた時は結構ありました。 (自分の場合、多分に美化する傾向ですが‥)


デジイチを使ってみてスゴイなぁ~と思った第一印象は、

この記憶色がそのまま表現されている写真が、コンデジに比べはるかに多いということでした。

決して本物の色では無いのかもしれませんが、自分が感じた色が再現できるということは

それはそれでとても素晴らしいことです。


まっ、あばたもエクボ 的な自己満足の世界の話ですが‥



黄色から青紫に変わっていく記憶色





ベビー・ドールを連想させる白からピンクへの記憶色 (どんな妄想の記憶じゃ!)

iro02.jpg



ピンクでもない、赤紫でもない、言葉で伝えられない色の記憶色

iro03.jpg

comment

Secre

No title

色って重要ですよね。
小さなモニタでみていると、コンデジもそれなりじゃない、なんて思うけれど、いざ大きな画面で見てみると明らかに違う色。
すごいですよねえ…。
一眼ってさすがだなと思います。

にしても本当に綺麗なグラデーションですね♪

こんばんは

カメラまかせの色。
本当の色。
記憶にある色。
自分の表現したい色。

そんな要素が噛み合わず、RAW現像をしながら四苦八苦することあります。
結局のところ優先してしまうのは最後の要素ですが(^^ゞ

露出にしても、コントラストにしても、やはり4番目が優先かなぁ。

Re: 七瀬さん

> 色って重要ですよね。

そう! 食べ物でも美味しく感じる色ってありますよね。
そしてそれ以上に、食い気より色気!

あれ、違ったかな。

Re: pispofpさん

どうしても好きな色っていうのは片寄ってしまうけど
やっぱり、自分の色ですね。 (これを人は個性と呼ぶのだ!)

RAWはいまだにその使い方がよくわからないのと、
良い加工ソフトを持っていないのと、
PCが古いのでサイズが大きいとウンウンうなってしまうので
撮ったことがないのです。 とほほです。



プロフィール

野良上手

Author:野良上手
生まれは生粋の野良。 
09年、東京より四日市市に引っ越しました。
エサはねだるが、人には媚びない。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。