スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関宿  -を訪ねる-

クルマが無いと暑い日は外に出るのが大変ですが小さい子供もいないので、

折角だから電車に乗ってトコトコと出掛けてきました。


三重県は亀山市の“関”。  

四日市からJR関西本線に乗って(これが非常にローカルで不便なのですが‥)亀山駅まで行き、

そこでわずか1駅先の関駅まで20分~40分も待たされたあげく、同じ関西本線の電車に乗り換えて

ようやく到着です。

この不便さの理由は、同じ関西本線という1本の線路ながら名古屋から亀山まではJR東海、

亀山からその先はJR西日本の管轄だからのようです。

その昔東海道の宿場町として栄え、伊勢路と大和路の分岐点でもあった交通の要所は

JRの分割民営化により公共の足では不便なところになってしまいました。



関駅の跨線橋から乗ってきた電車を見送るの図





駅を出てすぐの所にきれいな道の駅が造られてあります。
やっぱり今やクルマで来るところなんでしょうな。

seki02.jpg



駅から歩いて10分ほどで旧東海道に出ます。
東海道五十三次で言うと、関宿は47番目の宿場町になります。

seki04.jpg



この旧街道沿いに現在重要伝統的建造物群保存地区に選定されている町なみが
1.8kmほど東西に連なっています。

seki06.jpg



かつて関の祭りで有名だった山車を保管しておく蔵。
「まぁこれが関の山だね‥」 などと現在使われている言葉の語源が
この“関の山(車)”だそうです。

seki03.jpg



古い生活品や用具が置いてある関宿では有名な建物。
現在はそんな店内を眺めながら一休みするカフェになっているようですが、
この日はお休みのようでした。

seki05.jpg

《次回につづく》

comment

Secre

No title

2両編成の電車って、東京にいるとほとんど見る機会がないですね。
広々とした空間に、人の姿が見えないこの静けさがなんとも言えません。

関の山…勉強になりました!

Re: 七瀬さん

こんばんは、ドイツの重厚さもいいけど、こののどかな風景もいいでしょう?

実はこの1枚目の写真は自分でもけっこうお気に入りなんです。
写真の出来とかじゃなくて、この風景がなんとなく気に入ってます。

> 関の山…勉強になりました!

でしょう! 私も初めて知りました。
関の山車がとても立派だったので、
これ以上は無い、が転じてこれ止まり、これが限界の意味で
使われるようになったとか。

No title

こんにちは。
亀山の関宿は行ったことはありませんが
昔ながらの街並みが保存されているんですね。
馬籠妻籠のように観光客が多くなくて静かで良さそうです。

亀山市の辺りは東西の境目になるようで
JRもそうですが、文化も入り混じったり分かれ目になってたりするそうですね。
面白い場所です^^

Re: *hana*さん

こんばんは。

> 馬籠妻籠のように観光客が多くなくて静かで良さそうです。

木曽路はいいですよね、昨年中央本線経由で東京に帰りましたが、
途中下車したかったなぁ。
名古屋からも素敵なローカル線がたくさんあるので、
今度はそちら方面におじゃましますね。
プロフィール

野良上手

Author:野良上手
生まれは生粋の野良。 
09年、東京より四日市市に引っ越しました。
エサはねだるが、人には媚びない。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。